感情を知ること

あなたは、朝起きてから夜寝るまでのあいだに、どんな感情が、どんな時に、どんな風に生まれたのか、意識的に振り返ることはありますか?

わたしたちにとって、感情は「今の自分」を知るうえで、とても大切な役割を担っています。なぜなら、

①自分の思いが、感情を生み出し

②その感情が、行動に導き(行動を起こさないことも、行動に含まれます)

③その結果、現在の自分がつくられる

からです。

「今の自分」をつくっているのは、ご自身の「思い」と「感情」と「行動」なのです。

例えば、健康的な生活を送ろう!と、毎朝ランニングをすることを決めたのに、三日坊主になってしまった・・・。本当は、続けたかったのに、急ぎの仕事が入ってしまったから、子供が熱を出してしまったから、連日の雨で・・・と、続けられなかった原因は外的要因、つまり環境や境遇のせいにしてしまったことはありませんか?

ですが、ベストな環境が整って、再びモチベーションが上がるのを待っていたら、当初の目標が達成されるのはいつになるかわかりません。それよりも、いま、この瞬間に何を考えて、どんな感情を抱いているのかにしっかり目を向けることで、「ありたい自分」に一歩でも近づくことができます。

もし、朝のランニング習慣が続かなかった場合には、まず、何が起こったかを、事実のみを拾い出してみてください。

たとえば、ランニングが続かなかった場合、事実は単に「ここ三日間、ランニングしていない」だけです。

この事実にご自身が意味づけして(思いをのせて)、感情をのせることが、行動、そして今の結果を生み出すのです。

もし、「わたしは、何をはじめてもやり遂げられないんだ」と思ってしまうと、自己嫌悪感や自身にがっかりしてしまったりといった感情が沸き起こるでしょう。そして、そんな感情をもったときには、どんな行動を起こすでしょうか?おそらく、出来なくなった理由や言い訳をさがしたり、SNSに時間を費やしたり・・・結果、ご自身で「何をはじめてもやり遂げられない」ことを証明することになってしまうのです。

わたしたち人間は全てに意味づけをしてしまう生き物です。ですが、一日約6万回なにかしら考えているにも関わらず、意識的に考えていることは数えるほどしかないと思います。そして、「感情」もわたしたちに自分のからだをとおして、いろいろなサインを送っているのです。

ランニング習慣をやめてしまった時には、はじめから、 「わたしは、何をはじめてもやり遂げられないんだ 」といった考えをもっているのに気づけないかもしれませんが、わたしたちは、からだが送るサインには容易に気づけると思います。からだが重い、イライラする、モチベーションが下がってる気がする、など「なんとなく」ですが、なにかを感じると思います。

そんな時には、「イライラ感は、いま、自分がどんな思いをしているから、感じているのだろう?」「モチベーションが下がっているのは、ここ三日間ランニングしていない事実にどんな意味付けをしているからだろう?」などど、ご自身にいくつか質問してみるといいかもしれません。

感情はこころの中で、なにが起こっているかを伝えるだけではなく、「行動」を導きます。つまり、行動の原動力、燃料の役割もするのです。ですので、モチベーションが下がっているから、行動できないというのは、当たり前と言えば当たり前かもしれません。「モチベーション」という行動のための燃料が不足しているということですから。

もしかしたら、多くの方々は自分の感情はコントロールできない、と諦めていらっしゃるかもしれません。ですが、実際は、その逆です。わたしたちは、感情をコントロールすることも、選ぶこともできるのです。 モチベーションも感情の一つですので、外から与えられるのを待つのものではなく、自分でつくるものと言えます。 なぜなら、 自分が思ったこと(こころの思い)が、感情を生み出すからです。自分の思い、つまり、事実への意味づけはいくらでも選ぶことも、変えることもでき、ひいては、感情も選ぶことができ、変えることもできるのです。

そのためにも、いま、この瞬間に何をどう感じているかに気づくことが鍵となります。

感情を感じるのは簡単ではないかもしれませんが、「今、何を感じているのだろう?」「からだはどう感じているのかな?背中あたりに固いものが乗っているかんじかな?喉がしめつけられるかんじかな?胸のあたりに熱い鋭いものが刺さったかんじかな?」など実際にからだで感じたことを言語化してみたり、もしくは、ある激しい感情がおこったときには、その感情を押しのけたり、反応したり、避けたりせずに、一息、大きく深呼吸して、その感情をからだで感じてみてください。

今の感情を知り、受け入れることが、「ありたい自分」への一歩となりますよ。

さて、いま、この瞬間にあなたは何を感じていますか?

セルフコーチング、個別コーチングセッションにご興味がありましたら、コーチングメニューページをご覧ください。あなたのお話を是非お聞かせください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる