Me Firstで生きる ~Me timeのつくりかた~

やりたいことができないのは、忙しいから。時間が足りないから。

あなたはそんな風に思っていませんか?

もしくは、いざ時間ができたとしても

・空いた時間を上手く使えずに結局やりたいことができなかった。

・やりたいことがありすぎて、優先順位をつけられずに結局何もできなかった。

・せっかく空いた時間を、こんなことのために使っていいのかな?とか、まずは、やらなければいけないことを先にすべきでは?と、自分のために時間を使うことへの罪悪感をもったり、義務感が先に立ってしまう

なんてことはないでしょうか?

そんなあなたはもしかしたら、時間そのものがないのではなくて、どうしたら、やりたいことに意識を向けて、行動を起こしていくのかが分からないだけなのかもしれません

今までのあなたは、友達のため、パートナーのため、親のためと、つい周りの人たちを優先して、ついつい自分を後回しにしていませんでしたか?

確かにそうかも。でも、そんなこと言われてもどうしたらいいか分からない・・・というあなた。

なかなか自分のための時間が作れなかったのは、単にいま、その習慣がないだけなんです

他人ファーストを長年繰り返してきたので「他人ファーストの習慣」が身についていただけです。

だからこそ、これからは少しずつ「自分ファースト」を増やしていき、当たり前になるまで習慣化していってください。

そうすれば、「自分のための時間」Me Timeは、もうあなたのものです。

目次

Me Timeのつくる5つのステップ

STEP 1 他人の顔色を伺うことや機嫌をとることをやめてみる

心の中ではNoと言っているのにYesと答え続けていると、気が付いたら自分が何をしたいのかが分からなくなってきてしまうんです。

人にどう思われるかを気にして、他人の声ではなく、あなたの心の声を聞いて、行動していきましょう。

STEP 2 今のあなたが何を思い、感じているかを知る

外の世界で何が起こっているのかではなく、自分の心の中で何が起こっているのか、自分が何を考えて感じているのかに耳を澄ませてみてください。そうすることで、他人が求めることではなく、あなたがどうしたいのか、何ができるのか、何に向かっていきたいのかに少しずつ気づくいていくことができます。

例えば、テレビやスマホをみながらの「ながら食べ」ではなく、いま口に入れているものの舌触り、暖かさ、匂いなどを感じながら食べることなど、今すぐできる簡単なことからはじめてみてください。

そして、新しいことにチャレンジしようとするあなたを「そんなことやっても無駄だよ」とたとえ誰かがいったとしても、言った相手に対してあれこれ考えるのではなく、言われて自分がその時なにを感じているか、心の中で何と答えているか、そこに聞き耳をたててくださいね。

STEP 3 「全て」をやろうとしない

やりたいことも、やらなければならないことも沢山あると思うと頭の中は、ただただ忙しくなってしまうんですね。

たとえ小さなことでも、今できることを1つやってみるということを繰り返してみてください。私たちは一度に一つのことしかできませんが、逆に言えば、いつでも何か一つは、できるのです。

STEP 4 計画を立てる

わたしたちは「時間」をマネジメントしようとしてしまいますが、「時間」そのものはマネジメントできないんです。今日は忙しいから、24時間じゃなくて40時間くらいにしようか、なんてできないですよね?

実は「時間」ではなく「マインドセット」をマネジメントをしていく必要があるのです。

そして、あなたにとって大切なことを後回しにしないために、前もって計画を立てる習慣をつけることをおすすめします。

STEP 5 自分との約束を守る  

これが一番大切です。自分を後回しにし続けていると、あなた自身が「わたしは、わたしにとって大切な人ではない」と言い続け、証明し続けているようなものです。

あなたにとって、あなたが一番大切な人なのですから、これからは「あなたのため」にすると決めたことはやり遂げるようにしましょう。


ぜひ、この5つのステップを踏んでみてください。

今までと同じことをしていても、あれ?なんだか毎日が楽しい!自分の時間Me Timeをとれている!と感じられることが多くなりますよ。

音声で聴きたい方はこちらから(ポッドキャストEP #2  もう「わたし」を後回しにしない)

Me Timeをつくるための5つのステップをまとめた無料PDFはこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる