思考の選択 ~選択肢を広げる時と絞る時~

わたしたちは、朝起きてから寝るまでの間に、数えきれないほどの選択をしています。

意識的にせよ無意識的にせよ、一日に3万5000回もの選択をしているとも言われています。

通勤にどの服を選ぶか、どこでランチをするか、どのタイミングで上司に業務報告のメールをするかなど、「行動」を選択していることは、すんなり理解できるでしょう。

ですが、わたしたちは「行動」のみならず、「思考」や「感情」も自ら選んでいるのです

「今の自分」をつくっているのは、ご自身の「思考」+「感情」+「行動(行動を起こさないことも、行動に含まれます)の結果なのです。

以前投稿したブログ『感情を知ること』でもお伝えしましたが、

自分の考えが、感情を生み出し

その感情が、行動に導き

その結果、現在の自分がつくられるのです

ある状況に対し、「もう、どうにもならない」「他に方法はない」「どうしていいか、分からない」という考えも選択できますし、「まだ、やれることはあるかもしれない」「どうにかなる」という考えを選択することもできるのです。

どの考えを選択するかによって、望む結果が得られるか、それとも期待に反する結果を得ることになるか、おのずと変わってきます。

より良い人生を歩みたいのであれば、どんな状況であれ、何を考え、感じ、行動するかを意識的に選んでいくことが重要になります。

そして、状況によって、選択肢の幅の使い分けをしてみるのも有効です。

「もう、駄目だ」「他に道はない」などと思い、行き詰まりを感じた時は選択肢を広げてみる

「もう、駄目だ」や「他に道はない」という考えた時は、数多ある考えの中のひとつを選択しただけなのです。

その時は、選択肢はいくらでもあることを思い出し、物事を広い視野で見直すこと、自分自身を俯瞰してみることなどをしてみてください。

「どうしていいか分からない」「何から手をつけていいか分からない」など、決断できない時は選択肢を絞ってみる

すべての選択肢が重要であると感じたり、やるべきことが沢山あって選べないので前に進めないという時は、まずは動機を明確にし、優先順位を決めて、一つのことに集中をしてみてください。いっぺんに全てをやろうとせずに、一度に一つずつ、焦らずにコツコツと仕上げていきましょう。


選択肢を広げてみたり、絞ってみたり、柔軟に使い分けてみると、今までの悩みがすっと解決することもありますよ。

今の自分は、今までの「思考」「感情」「行動」の結果なのであれば、今日何を考え、感じ、行動するかが、未来の自分をつくることになります。マインドを整え、どの「思考」を選択するかに意識的になって、より良い人生に進化させていきましょう!

セルフコーチング、個別コーチングセッションにご興味がありましたら、コーチングメニューページをご覧ください。あなたのお話を是非お聞かせください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる