「大変さ」を諦める理由ではなく、成長のバネとしていますか?

あなたが「大変」という言葉を使う時、そのあとに続く言葉は何でしょうか?

・大変そうだから、やめとくわ。

・大変ではなかったら、もちろん続けてたよ。

など、何かをやめる理由、諦める理由、言い訳などとして使っていませんでしたか?

もし、そうであったなら

もったいないことをしています。

なぜなら、わたしたちは「大変なこと」をやり通すことができるからです

ではなぜ、大変だと諦めたり、やめてしまうのでしょうか?

それは、「大変」イコール自分には出来ない、自分には無理だ、などと不要な意味づけをしてしまっているからです。

「大変なこと」は単に「大変」なだけです

不要な意味づけをしなければ、自分にゴーサインを出し続けることができるのです

一概には言えませんが、楽な道を選んだ時は、

ボーっとテレビをみたり、SNSを見るとはなしに見たり、お腹が空いているわけではないのに間食したり、

やりたいことをやったり、その時を楽しむのではなく、

やるべきことを先延ばしにする行動や、「大変さ」を避ける行動をすることが多くありませんか?


問題や困難など「大変なこと」は私たちが生きている限り、無くなることはありません。

もし、「大変なこと」に意味づけをするのであれば、ポジティブな意味づけをしてみてはいかがでしょうか。

「大変なこと」って、つまり成長の絶好のチャンスでしょう!?やり遂げたら自分の新たな一面を発見し、可能性を拡げることができるからね、と。そして

「大変」に続く言葉は、

Let’s do it! やってみよう!

Bring it on! かかってこい!

I can do hard things! 私ならできる!

ですね。

セルフコーチング、個別コーチングセッションにご興味がありましたら、コーチングメニューページをご覧ください。あなたのお話を是非お聞かせください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる